未分類

「amp-ad」で必要なタグ「amp-ad extension .js script」がないか、正しくありません。これはまもなくエラーとなります。

投稿日:

 

「amp-ad」で必要なタグ「amp-ad extension .js script」がないか、正しくありません。これはまもなくエラーとなります。

「amp-ad」で必要なタグ「amp-ad extension .js script」がないか、正しくありません。これはまもなくエラーとなります。

別で運営しているブログですが、こんな警告がでましたので、対処したことをメモしておきます。

今回は完全なメモ書きです。




ブログの環境

一応参考までに Google search console に叱られた時のブログの環境です。

ブログCMS:ワードプレス

テーマ:ルクセリタス

広告:アドセンスのみ

その他:amp対応済

記事数:20記事くらい

「amp-ad」で必要なタグとは

ここの部分のことです。

Google adsense amp広告

<script async custom-element=”amp-ad” src=”https://cdn.ampproject.org/v0/amp-ad-0.1.js”></script>

 

amp対応済でブログを運営していましたので、アドセンスの広告コードもamp用のコードを貼っていました。

「amp-ad extension .js script」がないか、正しくありません。の原因

結論からいうと、amp用の広告コードをウィジットの広告スペースに直接貼り付けていたことが原因でした。

ルクセリタス_ウィジット

ルクセリタスは、 amp用の広告コードをそのままウィジットの広告スペースに貼ると amp-ad の直後が改行になってしまうのですが、それではダメだったのです。

amp-ad の直後がスペースになっていないとダメらしく、すぐに運営者のるなさんがサポートしてくれました。

しかもアプデ時に修正してくれるそう。

amp用ウィジットスペースに貼ればどちらのコードでもOK

ルクセリタスは、amp用ウィジットの広告スペースなら通常コードでもamp用コードでもどちらでもOKなのです。

しかも「amp-ad」で必要なタグは不要なのです。

むしろ貼ると余計なスクリプトを呼び出すため無駄なリクエストが増えてしまうようです。

対処した結果とまとめ

対処としては、通常コードをamp用のウィジットスペースに貼りました。

「AMP」の問題が修正されました

数日後には無事に問題が修正されました。

ルクセリタスは、とにかく勝手が良いのですが、今回は余計な自分が説明をしっかり読まず作業をすすめてしまった結果招いてしまった警告でした。

ということでメモ書きでした。

 

sponsored link



-未分類
-, ,


関連記事

関連記事はありませんでした