仮想通貨・暗号資産 仮想通貨取引所(国内)

仮想通貨を買うなら コインチェック !! アカウントの作成と口座開設方法と手順を解説します。

投稿日:2019年11月16日

Coincheck(コインチェック)




仮想通貨(暗号資産)を買うならCoincheck(コインチェック)

ビットコインなどの仮想通貨(暗号資産)を購入(入手)するには2つの方法があります。

まずは、販売所などで購入する方法。

そして取引所などで取引する方法。

これを踏まえてCoincheck(コインチェック)の特徴を説明していきます。

Coincheck(コインチェック)の特徴

Coincheck(コインチェック)は仮想通貨(暗号資産)を実際に購入したり売却できる販売所であるのとともに買い手と売り手の取引を仲介する取引所の2つの側面をもっています。

つまり販売所と取引所のどちらの機能も兼ね備えています。

そして取り扱い通貨も豊富です。

2019年11月時点で10種類の仮想通貨で現物取引できます。

・ビットコイン(BTC)
・リップル(XRP)
・イーサリアム(ETH)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・リスク(LSK)
・ファクトム(FCT)
・ネム(XEM)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA)

の10種類の通貨にくわえてこの度ステラルーメン(XLM)が上場されました。

ちなみにファクトム(FCT)、ステラルーメン(XLM)は国内仮想通貨取引所唯一の取り扱いになっています。

アプリダウンロード数がNo.1

Coincheck(コインチェック)はアプリダウンロード数がNo.1です。

NEMの流出事件があった時に1時的にカウントされない時期はありましたが、2017年頃からずっとNo.1です。

実際自分で使っていて思う事(特徴)はシンプルに2つ。

・使いやすい!

・デザインがGood!

アプリに必要な要素をしっかり満たしていますので、初心者から上級者までユーザーのニーズにしっかりと答えてくれるアプリになっています。

Coincheck(コインチェック)-アプリ

コインチェック

【 Coincheck(コインチェック)を開設する 】

Coincheck(コインチェック)のアカウント作成と口座開設方法の手順

Coincheck(コインチェック)のアカウント作成と口座開設方法の手順を解説します。

仮想通貨の取引には、色々と手続きが必要になりますが、これは銀行でも○○Payでもクレジットカードなどでも同じことです。

しっかりとした仕組みの中で使われるためには、しっかりとした手続きの中でアカウント作成や口座開設が行われる必要がありますので、ここはしっかりと手続きしていましょう。

と、その前に手続きをなるべくスムーズに進めるためにまずはこれを先に準備しておきましょう。

本人確認用の写真(画像)事前準備

すべての操作を可能にするため本人確認が必須となりますが、その際に本人確認用の写真(画像)が必要になります。

身分を証明できるものとして以下の証明書類が使えます。

使える証明書一覧

・運転免許証
・運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限定されます)
・パスポート(顔写真のあるページと住所のページをご提出ください)
・住民基本台帳カード
・個人番号(マイナンバー)カード
・在留カード
・特別永住者証明書

この中でおすすめなのが運転免許証ですので、手続きに入る前に以下のような3種類の写真(画像)をあらかじめ撮っておいてください。

準備しておくと手続きが楽になる画像一覧

運転免許証の表面

免許証 表

運転免許証の裏面

免許証 裏

運転免許証を持った自撮り写真

IDセルフィー 自撮り

これを準備しておくことで下の本人確認の7)の部分の手続きがスムーズに進みます。

コインチェック

【 Coincheck(コインチェック)を開設する 】

Coincheck(コインチェック)のアカウント作成・登録

アカウント登録

コインチェック

【 Coincheck(コインチェック)を開設する 】

1)Coincheck(コインチェック)のアカウント登録ページ上でメールアドレスとパスワードを入力
2)入力後にアカウント作成ボタンをクリック
3)先ほど登録したメールアドレス宛てにメールが送信されてきますのでそのメール本文中にあるURLをクリック

SMS認証

4)アカウント画面から各種重要事項を確認したらチェックボックスにチェック後、「各種事項に同意してサービスを利用する」をクリック
5)電話番号認証画面で電話番号を入力後「SMSを送信する」をクリック
6)携帯電話番号宛にメッセージとして送られてきた6桁の「認証コード」を、Coincheckのサイト上で入力し「認証する」をクリック

本人確認書類の提出

7)冒頭で準備した写真をIDセルフィー(自撮り写真)と運転免許証などの本人確認書類を「ファイルを選択する」をクリックしてアップロードし提出
8)「外国PEPsに該当しない」にチェック
9)本人確認書類の提出するをクリック

ここまでの手続きが完了すると登録住所宛てにCoincheckから簡易書留のハガキが送付されます。

ハガキが送付されれば口座の開設が完了します。

コインチェックは、スマートフォンアプリからでも、Coincheckの公式サイトからでも新規登録は可能です。

二段階認証の設定方法

Coincheckでは安全な取引のために、セキュリティ認証の強化としてSMSやGoogleの認証アプリ(Google Authenticator/iOS, Android)による二段階認証が採用されています。

二段階認証によって、悪意のある第三者からの不正アクセスを防止することが可能です。

1)アプリをダウンロード
2)Coincheckの画面の左下にある「設定」、さらに右側にある「二段階認証」をクリック
3)画面下部に「iOSアプリ」「Androidアプリ」のリンクがあるのでクリック
4)「Google Authenticator」のアプリダウンロード画面へ移動したら、スマートフォンにアプリをダウンロード
5)アプリをダウンロードしたら、再びCoincheckの画面に戻り、「設定する」をクリック
6)QRコードが表示されるので、そのQRコードをスマートフォンでスキャン
7)Coincheckの同じ画面上に「アプリケーションで生成された6桁の数字を入力してください。」とあるので、上記でQRコードを読み込ませた後で表示される「6桁の数字」を入力し、「設定する」をクリック

これで二段階認証の設定が完了です。

Coincheck(コインチェック)アカウントの作成と口座開設方法の手順まとめ

Coincheck(コインチェック)は、過去に仮想通貨の流出事件にあっていますが、その教訓を活かして復活しました。

その分セキュリティや管理体制が強化されています。

コインチェックのセキュリティ

また、Coincheck(コインチェック)は、親会社に金融、証券業界に精通しているマネックスグループが付いています。

そんなことからも会社としても安心して利用できると思いますので初めて開設するのであれば販売所、取引所として使いやすいおすすめの仮想通貨取引所です。

どこにしようか迷ったらCoincheck(コインチェック)にしてみてはいかがでしょうか。

 

コインチェック

【 Coincheck(コインチェック)を開設する 】

 

sponsored link



-仮想通貨・暗号資産, 仮想通貨取引所(国内)