雑談

中央銀行デジタル通貨 CBDC とは

投稿日:

CBDC




中央銀行デジタル通貨とは

中央銀行デジタル通貨とは「 Central Bank Digital Currency 」 と呼ばれるもので略称はCBDC(シービーディーシー)と呼ばれます。

今流通している紙幣などとは違う(中央銀行預金とは異なる)新たな形態の通貨のことです。

端的に中央銀行のデジタルマネーになるわけですが、仮想通貨やpaypayなどの電子マネーとは全く異なってきますのでちょっと解説します。

中央銀行が発行している。

発行主体が民間事業者であれば最悪の場合、倒産があります。

また、民間事業者だと特定の事業者とキャンペーンを展開したりといった不公平感も生じてしまいます。

しかしながら中央銀行が発行することで公平性、信頼性が担保されます。

ここがまずか民間事業者の電子マネーや仮想通貨との大きな違いです。

CBDC

価値の裏付けがある。

これも発行主体が中央銀行である点と共通しますが、仮想通貨などはボラテリティ(価格の変動)が激しく決済手段として都合の悪い部分があります。

しかしながら、中央銀行が発行することで(例えば1単位あたり1円など)価格を担保できるので現金と同等の信用を担保できます。

そうすることで決済手段である通貨としての役割をしっかりと果たすことができます。

CBDC

日本銀行では当面導入予定は無い!

日本銀行は現状でCBDCを発 行する計画はないとしています。

しかしながら今後の様々な環境変化に的確に対応できるようしっかり準備しておくことが重要としていますので研究や実証実験が進められています。

やはりこのあたりは、世界的なながれや民間事業者の電子マネーの状況、仮想通貨の状況などによっても影響されてくるでしょうから、実際に市場に導入される時期が早まったり、国家を跨いで使えたり?など大きく形態を変える可能性はあると思っています。

中央銀行デジタル通貨 CBDC の話まとめ

中央銀行デジタル通貨(CBDC)は海外では既に発行を決定している国もあります。

遅かれ早かれの状況で導入はされることになると思いますので情報収取はしておくといいかもしれません。

 

 

sponsored link



-雑談
-