仮想通貨・暗号資産 国産通貨・国産トークン

【MESC】めしこいんが上場準備を開始!!

投稿日:2018年5月3日

めしこいん(MESC)は、カウンターパーティー(XCP)プロコトルを利用して発行されたトークンで、漁夫の利トークン (GYNR) の相互配当で頂いたことがきっかけで保有しています。

めしこいん(MESC)のホワイトペーパーが公開されてから数週間が経ちました。

現在は、ホワイトペーパーで言うところの「PHASE2」に入りました。

ホワイトペーパーは、公式ページで確認できます。


【公式サイト:めしこいん

「PHASE2」は、4月からですが、順調に進んでいるようです。

プロジェクトの進行としては、かなりスピード感があります。

ちなみに「寄付 Drop」は、筆者自身も参加しました。

近々2回目の寄付を予定しています。

また、オフィシャルサポーターも募集しているようです。

活動の組織化もホワイトペーパーに基づいたものですね。


めしこいんディスコード:https://discord.gg/h87JuB

話は本題です。

めしこいん(MESC)さんが、公式ブログの中で上場について、つぶやいておられました。


これを見て思いました。

仮に上場達成ができた場合、通貨そのものの流動性や価値の向上につながるのは、もちろんなのですが、上場によって、この活動がより多くの人に広がるきっかけとなるのでは?と思いました。

個人的に仮想通貨の保有目的は、投資の対象という趣旨が強いですが、それだけでなく、その先に大なり小なり人の助けになる流れがあることは、素晴らしいことだと思います。

なので、是非とも上場を実現してほしいと思っています。

めしこいん(MESC)さんが、上場申請を行ったYobit.netは、数百種類草コインを取り扱う海外の取引所です。

日本人ユーザーも多く情報も得やすいので、事前に開設準備しておきましょう。
yo001
登録方法はこちら

ところで、「寄付 Drop」ですが、これは、余ったTポイントの端数などで寄付を行うことで参加できます。

期限切れ間近のTポイントがあったら参加してみてはいかがでしょうか。

なお、「寄付 Drop」の受け取りには、インディースクエアウォレット(IndieSquareWallet)が必要です。

インディースクエアウォレット(IndieSquareWallet)は、スマートフォン専用のウォレット(仮想通貨の財布)です。

めしこいん(MESC)さんが、CounterPartyトークンの運営者と提携し流動性拡大を目指している「CPT アライアンス構想」に参加している漁夫の利トークン (GYNR) 、NYAA トークン、OKUCOIN、FRIGGも全てこのインディースクエアウォレット(IndieSquareWallet)で保有できます。

設定方法や購入方法が、わからないという方向けに、こちらで解説しています。

関連記事

 

余談になりますが、先日、めしこいん(MESC)さんが、ホルダー向けにリアルレイン(配当)を行った時のことでした。

ウォレットを見てみると・・・

MAIKOが貰えていなくて、自分だけ貰い損ねたのかなと思っていたところ・・・

誤爆があったようですww

先日は、漁夫の利トークン (GYNR)でも誤爆がありましたww

関連記事

 

個人的には、サプライズ感あって大歓迎な出来事が続いています。

そういう期待感も含め、引き続き応援していきたいと思います。

関連記事

 

sponsored link



-仮想通貨・暗号資産, 国産通貨・国産トークン
-