仮想通貨・暗号資産 仮想通貨取引所(国内)

実のところ仮想通貨の保管は、自分のウォレットより取引所の方がいいのでは・・

投稿日:2018年3月16日 更新日:




ウォレットの是非について

コインチェックの流出事件以降、仮想通貨の保管は、自分のウォレット・・・的な流れが強くなっています

もちろん、この件について異議は、全くありません。

実際、仮想通貨保有者の危機意識の向上によって、(ハードウェアウォレットやペーパーウォレットなどが推奨されてるので、)TREZORやLedgerNanoが品薄な状況にもなっているのも承知していますし、筆者自身も一応、ひととおりのウォレットを持っています。

しかし、最近になって、ふと、思うことがあります。

今回コインチェックの流出事件の補償をして業務を再開して、必死に業務の見直しをしていいます。

金融庁が立ち入り検査したり、行政処分発出したりして、各取扱業者は、全般にセキュリティに対して改善しているだろうと思います。

要は、自分でウォレットを管理している限り、紛失、故障、盗難、セルフGOXなどは、全て自己責任で、100%安全という保障はありませんし金銭的な補償はもちろんありません。

が、しかし、取引所であれば、セキュリティも強化されている(されていく)でしょうし、制度上は顧客資産は分別管理されていますので、今回のような流出や、または、法人の倒産などがあったとしても(全額でなくても多少なりとも)補償される可能性があります。

少なくとも筆者の場合は、性格的にも永続的に自分で保管していくのは、逆にリスクあるのでは、と考えるようになりました。判断は自己責任です。

自分のウォレットの分別について

一時は、結構な比率を自己管理しましたが、プレッシャーに耐えられず、今は、取引所を分散して、なおかつ自分のウォレットも併用しています。(POSを兼ねている部分もあります)

比率にして、取引所7、自己ウォレット3の割合くらいです。


※画像は最近のおすすめBITPOINTのウォレットです。

どちらがいいのかは、わかりませんが、当面は取引所のウォレットメインでいくと思います。

主な通貨別では、

Zaif(ザイフ)・・・NEM、MONAなど
ビットフライヤー(bitFlyer)・・・BTC
BITPOINT・・・ETH,LTC、XRP
BINANCE(バイナンス)・・・草コイン
コインチェック・・・BTC、ETC,LTC、NEM、XRP、匿名系通貨(←凍結中)

コインチェックは、保有数量をかなり落としています。

BITPOINTWALLETについて

BITPOINTは、コインチェック事件以降、かなり比重を上げています。全体の3割強くらいあると思います。

BITPOINT特徴としては、国内取引所、上場企業が運営、手数料無料の板取引、送金手数料が無料、手数料無料で即時入金に対応していることです。

昨日は、大きな下落でした。

売ることも買うこともできず、ただただ静観していました。

でも、相場の空気が違う気がしています。(←ハイ、適当ww)

 

sponsored link



-仮想通貨・暗号資産, 仮想通貨取引所(国内)