仮想通貨・暗号資産 国産通貨・国産トークン

【MESC】めしこいんがホワイトペーパー公開&CPTアライアンスとは?

投稿日:2018年4月15日

めしこいん(MESC)を「漁夫の利トークン (GYNR) 」さんの相互配当で頂いてから約2週間が経ちました。

この2週間の間にも非常に精力的な活動をされています。

子供を持つ親としては、個人的に色々考えさせられる事がありまして、このめしこいん(MESC)さんの活動に共感しています。

仮想通貨(トークン)については、もちろん投資目的という部分がメインとなっているのは事実ですが、間接的ではあるにしろ、こいうった形で慈善活動に関われるというのも、仮想通貨(トークン)の魅力であると思います。

仮想通貨でなければ、こういう活動をされている通貨の存在を知ることはなかったかもしれませんし、知ることはできたとしても関わることはなかったかもしれませんので。

話は変わって、めしこいん(MESC)ホワイトペーパーが公式サイトで公開されたようです。


【公式サイト:めしこいん
【ディススコード:https://discord.gg/h87JuB

ホワイトペーパーを一部要約してみました。

・PHASE1(~2018 年 4 月):
他の CounterParty トークン運営者との連携強化、めしこいん、CounterParty 自体の取引拡大

・PHASE2(2018 年 4 月~2023 年 3 月) :
更なる基盤の拡大と仮想通貨としての地位の確立。エビデンスに基づく「寄付 Drop」の拡大、活動の組織化

・PHASE3(2023 年 4 月~):
心と心の繋がりをブロックチェーンで実現する寄付プラットフォームの構築

簡単に要約しましたが、ホワイトペーパーを一読してほしいと思います。

特に「PHASE2」は、めしこいんホルダーさんにとっては、非常に嬉しい特典になると思います。
(ここでは、あえて要約しませんでした。)

そのほか「CPT アライアンス構想について」も公開されています。

CPT アライアンス構想とは、CounterPartyトークンの運営者と提携し流動性拡大を目指すというものです。

冒頭でも書きましたが、筆者もこのCPT アライアンスによる相互配当によってめしこいん(MESC)に出会いました。

CPT アライアンスの運営者は以下のとおりです。

「漁夫の利トークン(GYNR)」


「NYAA トークン」


「OKUCOIN」


「FRIGGand DELPHIS」

また、動きがあり次第記事にしていきたいと思います。

次は、「PHASE2」が動きだしたころになると思います。

関連記事

sponsored link



-仮想通貨・暗号資産, 国産通貨・国産トークン
-