仮想通貨・暗号資産 国産通貨・国産トークン

【GYNR】漁夫の利トークンがハプニング?・・・「漁夫の利 与え過ぎ問題」

投稿日:2018年4月29日

カウンターパーティー(XCP)プロコトルを利用して発行された漁夫の利トークン(GYNR)。

先日この漁夫の利トークン(GYNR)で思わぬハプニングが起きました。

発行主様が、漁夫の利レイン(配当)の円滑化を図るためのテストのを行った時のことでした。

しばらくすると・・・・

「ウォレットの中身を見ないようにお願いします!」とあると見たくなるのは、人の性。

それから、ウォレットの中身を見てみると・・・・

なんと、勝手に保有枚数が倍になってるー!!


どうやら保留枚数の同等枚数のレインが誤操作?により行われてしまったようです・・・w


ですが、最終的には、発行枚数を増やして、この「漁夫の利 与え過ぎ問題」を解決しました。


なんか、主様の人柄がツイッターのつぶやきからにじみ出ている感じの対応でしたw

今回の「漁夫の利 与え過ぎ問題」で発行枚数は、増えましたが、相対的な評価額もアップしていますのでホルダーとしては、うれしいハプニングとなりました。

話は、少し変わって、この漁夫の利トークン(GYNR)、新規上場の動き?があるようです。(まだ上場は決定していません。)

公式ツイッター上では、スワップ先通貨ののアンケートが行われています。


ゆくゆくの流通市場の拡大や円滑な取引のためには、必要な対応かもしれませんね。

漁夫の利トークン (GYNR)は、インディースクエアウォレット(IndieSquareWallet)で売買、保有ができます。

設定方法や購入方法が、わからないという方向けに、こちらで解説しています。

関連記事

 

引き続き、追いかけていきたいと思います。

関連記事

 

sponsored link



-仮想通貨・暗号資産, 国産通貨・国産トークン