仮想通貨・暗号資産 国産通貨・国産トークン

【GYNR】漁夫の利トークンがマスターノード(MN)実装!!

投稿日:2018年5月21日

カウンターパーティー(XCP)プロコトルを利用して発行された漁夫の利トークン(GYNR)が、10000GYNRを保有する上位ホルダー向けに作られた漁夫の利トークン・マスターノード(GYMN)というサブトークンを発行するそうです。

そうです。
マスターノード(MN)とは、言っても実際にウォレットに必要枚数入れて、VPS契約して設定して・・・みたいなものとは違います。

公式からの概要は以下のとおりとなっています。


カウンターパーティー(XCP)系のトークンを保有するだけで、実質マスターノードと同じ効果がえられるなんて、とってもよいアイデアだと思います。

また、漁夫・優先氏によるとGYNRスワップ構想 の第一幕としてGYMNが発行されるということですので、わかりますよね??
多分第二幕、三幕と続くでしょう!

また、以前書きましたが、漁夫の利トークン (GYNR)は、海外の中央型の取引所への上場も目指しているそうです。
漁夫の利トークン (GYNR)から目が離せません!

漁夫の利トークン (GYNR)は、インディースクエアウォレット(IndieSquareWallet)で売買、保有ができます。
設定方法や購入方法が、わからないという方向けに、こちらで解説しています。
インディースクエアウォレット(IndieSquareWallet)の設定と使い方

 

関連記事

sponsored link



-仮想通貨・暗号資産, 国産通貨・国産トークン