仮想通貨・暗号資産 仮想通貨(メジャー・アルト)

電子マネーと仮想通貨の違いと特徴

投稿日:2020年6月30日

電子マネーと仮想通貨の違いと特徴




電子マネーと仮想通貨は何が違うのか

電子マネーと仮想通貨って同じじゃないの?

こんな疑問を持った方は鋭いと思います。

そもそも電子マネーと仮想通貨は同じだと思っている方の方が圧倒的に多いのでその疑問にすらたどり着いていません。

そこで電子マネーと仮想通貨の違いについて超簡単に解説します。

電子マネーとは

電子マネーは、電子化された決済手段のことです。

基本的には円やドル等の法定通貨を対価として支払うことで利用ができるものです。

必ず発行主体が存在し、発行主体が価値の裏づけをしています。

また、電子マネーは原則として換金することができず、不特定の者との取引にも利用できません。

仮想通貨とは

一方で仮想通貨(正式には暗号資産といいいます)は、

必ずしも発行主体や管理者が存在するわけではないという最大の特徴をもっています。

また、価値が増減すること、法定通貨と相互交換できることも特徴です。

またインターネット上のプラットフォームで利用でき、相手との合意によって不特定多数の決済に使えたり、不特定の者に対する取引に利用できることなどが特徴として挙げられます。

電子マネーと仮想通貨の違いと特徴

日々進化し変化する仮想通貨

数年前のバブルと呼ばれた時代には、仮想通貨(暗号資産)の価格が上がることを期待して、投資目的で保有するケースが多くなっていました。

最近では、通貨の持つ役割や特徴を理解がすすみそれを信用する層の人達が仮想通貨(暗号資産)の意義を信じて保有している場合が増えています。

電子マネーと仮想通貨の違いと特徴

とはいうものの法的にも電子マネーとは異なるものとして定義されており価格が急落するリスクもあります。

おわりに

結論として仮想通貨(暗号資産)は、異なる性質のものとして認識すべきです。

貨幣や硬貨が存在しない電子的なものであることから、電子マネーと混同しがちですがこの部分については整理をしっかりとしておきましょう。

詳細や個別の通貨や取引所の仕組みや特徴について知りたい方はこちらからどうぞ。

関連記事

 

sponsored link



-仮想通貨・暗号資産, 仮想通貨(メジャー・アルト)
-, , , , , ,