税金・法制

確定申告をやっと片付けました・・

投稿日:2018年2月27日




所得税の確定申告をやっと片付けました。

筆者は社畜ですが、株式、投信、債券等々売買益(損)があるので毎年確定申告をしています。株式などの譲渡所得は、損益通算できるので、利益が出ても出なくても申告しています。

24歳のときからかれこれ10数年毎年やっている状況です。

そして今年は、初めての仮想通貨の雑所得も併せて申告し、追加で納税しておきました。(痛い・・・)

ちなみに筆者は、クレカで納税しています。

仮想通貨は、雑所得ということですので、専業の方は控除が効かず税率が高そうですが、筆者は、社畜としての給与所得の計算上たまたま控除が多く出来る状況だったため、総合課税の恩恵?を受けられる範囲を計算して売却益をある程度調整しながら取引し税率を低く抑えました。(今となっては、税金払ってでも利確しておけばよかったと思う節もありますが・・・)

ふるさと納税で節税

昨年中に寄付金控除の上限を計算して、ふるさと納税もしておきました。

賛否はありますが、節税目的である側面が大きいです。

しかも、去年は、全国的にふるさと納税の返礼率引き下げの動きがあったため、早めに手続きを済ませたことも功を奏した形となっています。

一応、次期の所得税、住民税、社会保険料、子供の保育料などもある程度計算し承知しています。

今回申告をして思ったことは、(筆者は給与所得があるので)納税準備のため年末調整の時に、各種控除をしておかない方がよいかもしれません。

年末調整で、還付などが多くなると、ついつい使ってしまいがちですが、確定申告時に控除を利用すれば、その分が還付(利益があれば税金が減額)されることによって源泉徴収の効果が申告時に発揮されます。

給与所得がある方には参考にしてみてください。

 

sponsored link



-税金・法制